株式会社 平田商事

tel:072-675-2530 営業時間:AM8:00~PM6:00

2秒の車間距離。

【mini】


昨年、梅田運輸倉庫様の運行管理者基礎講習に参加させていただきました。
実りあるお話をたくさん伺う中、動画を見ながらの説明の時に講師の方が車が通り過ぎる画像で数を数えていました。


普通道路の場合、一般の自動車より多めにトラックは「2秒」の車間距離が制動が効くギリギリの距離だそうです(晴天の場合)。車間距離がどの程度あるといいのか、スピードなどにより難しいな…と思っていたのですが、この「秒数で車間距離を測る」のがとても分かりやすい!と感じました。


例えば前の車が横断歩道を過ぎる時、その抜けたところから「1、2」とゆっくり数えます。2秒が過ぎる時に自分が横断歩道を過ぎていれば、十分な車間距離があるということです。トラックはこのように、前の車との距離を十分にとって走っています。これは積み荷の関係もあり、急制動することで積み荷が動き、トラック自体のバランスを崩す恐れがあることからも大切で必要な距離となります。この、ゆったりとった車間距離の前に割り込むことをお控えいただけると助かります。必要な距離だから空けてあるのであり、のんびり走ろうとしているわけではないのです…!

トラックの前に入る場合は、同様に2秒を空けて入っていただけると嬉しいです。